2022.05.08

// 3-6

ブラック企業勤務社畜が中華鍋とお玉を抱えて異世界転生しちゃったので、ここで炒飯専門店としてどうにか生...

仕事から疲れて帰った僕は、冷蔵庫に放置された食材を使って炒飯を作った。仕事も上手くいかず、自慢できることが何もない僕だが、昔から唯一炒飯を作ることだけは得意だった。高校生の頃、母に炒飯を作ってあげたらとても喜ばれたことを思い出しながら、独り薄暗い部屋で炒飯を口に運ぶ。ささやかな満腹感が心地よい眠気...

1 2 3 4 5 6