ものぐさデスク環境 2020

[PFU] Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 無刻印/墨

最近、HHKB Pro HYBRID Type-S 無刻印/墨 を入手した。

3年ほど HHKB Lite2 for Mac 英語配列 を使っていたが、そろそろ次のステップへ……と覚悟をきめ、HHKB公式ストアにてお酒の勢いに任せてポチったのだった。

仕事柄Windows機やipadProを併用するのでHHKB Pro HYBRID Type-SのFn + Ctrl + numberでBluetoothのペアリング端末を瞬時にスイッチできるのは非常に便利である。イキって無刻印を選んだが数字の入力がおぼつかなかったので結局は白色の無刻印キーキャップを購入し部分的に差し替えた。これでかなり使いやすくなった。

[AKAI] LPD8

また、キーボードの奥に置かれているのはDTM用のAKAI LPD8だが、PC作業におけるショートカットキー用デバイスとして運用している。MIDIデバイスはDTM用途以外で使用する場合手間がかかる印象だったが、BetterTouchToolを使うことで、簡単にMIDIデバイスをショートカット用デバイスとして運用することができる(ex. Discordのマイクをミュートにしたり、スピーカーとヘッドホンを切り替えたり等)

[ELECOM] KVMスイッチ KM-A22BBK

最近iPadOSのアップデートでiPad Proでもマウスとキーボードが本格的に使えるようになったので、ELECOMのUSBスイッチャーをUSBデバイスの間に噛ませつつ、各端末にスイッチャーのUSBを挿すことで、ボタン一つでMac <—> iPad間でマウスとペンタブを切り替えることができるようにしている。キーボードはHHKB自体に搭載されているBluetoothのペアリング切り替えをつかってMac <—> ipadを切り替えている。

[Blue] Microphones Yeti

マイクはBlueのYetiを現在愛用している。元々はゲームをする際の通話用に購入したものだが、現状頻繁に行う必要があるリモート会議やリモート授業時に大活躍している(テレビみたいに音質が良いけどなんで?と言われるぐらいに好評)

myNoise

作業をする際はspotifyで好きな曲を聴くか、あるいはmyNoiseというサイトで様々な環境音を垂れ流している。このサイトが優れているのは膨大な環境音ライブラリに加えて、アニメーション機能があることだ。例えば雨の音にしても様々な雨の音の音量を自動でアニメーションしてくれるので繰り返し感が全くなくずっと聴いていられる。

最後に

PC周辺環境の充実は、作業効率や作業環境の向上にダイレクトに寄与するので、積極的に情報を収集し取り入れていきたい。