abstract

好きな色を探っていくと、作る時期によって傾向があることが分かる。
頭を使わず感覚だけで形にしていく作業は心のデトックス的作用があり、終わってかたちになる頃にはとてもスッキリするのだが、後日改めて見返すと作ったものに対して小さな嫌悪感を覚えてしまう。もっとこうすればよかった、ああすればよかった、というものではなく、漠然とひどいものを作って公開しちゃったなという感覚。数年間を通して自身の視聴に耐えうる強度のある作品に憧れる。